Site search

2019年11月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Site menu:

アーカイブ

病棟看護師の役割とは

体調が悪く病院へ。
症状によっては入院しなくてはいけない場合があります。
入院すると、通常の外来とは違い、病院内で生活することになるのですが、入院の病床があるところを病院では病棟と呼んでいます。
この病棟に勤務し、入院する患者さんのお世話をする仕事が病棟看護師の仕事です。
では、病棟看護師の主な仕事内容について紹介します。

まずは申し送りです。
夜勤者から日勤者へ、日勤者から夜勤者へ、患者さんの状態やその日、どんな処置を行ったかなどの報告を受けます。
申し送りが終わると、受け持ちの患者さんのバイタルチェックや様態の観察などを行います。
このとき何か異変を感じたらすぐに医師に報告するのも看護師の重要な役目です。
バイタルサインのチェックが終わると清拭や入浴の手伝い、爪切りなど患者さんの清潔保護を行いますが、
看護師の業務が忙しく、ここまで手が回らないという病院などでは、この部分は介護福祉士や看護助手などが行っていることもあります。

その後は患者に応じて処置を行ったり、医師の回診に付き添って補助したり、する仕事もあります。
看護師としての仕事はそれで終わりではありません。
担当する患者さんのバイタルチェック表や看護記録などを記入するのも非常に重要な仕事です。
また、病棟看護師には外来担当の看護師には無い役割があります。
それは、入院患者さんが安心して治療に望めるように、不安や困ったことなどに対応することです。
時には患者のみならず、患者の家族などの不安なども軽減できるようにサポートしていくこともあります。
また、入院中の災害に備え、避難訓練を行うことも病棟看護師の仕事の一つです。